2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
web拍手 by FC2

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2012.03.09 (Fri)

CAPOLINEA

BANCO

1980/DISCHI RICORDI


capolinea.jpg


世界一見てくれの悪いヴォーカリストの寝そべる姿を惜しみ無くフィーチャーしたBANCO DEL MUTUO SOCCORSO(名義上は単にBANCO)の初ライヴ盤です。
売る気が無いとしか思えない。

これがBANCOについての初レビューです。これは、ある程度ご存知の方からすればまさに意味不明なチョイスでしょう。
BANCO DEL MUTUO SOCCORSOといえば、イタリアのプログレを代表するバンドの一つであり、知名度ではPFMAREAなどに肩を並べると言えます。そして、その作品の中でプログレ・ファンからの人気が最も高いのが1st『BANCO DEL MUTUO SOCCORSO』から3rd『IO SONO NATO LIBERO』までの初期3枚のアルバムです。(あんまり断言するのはよろしくないのですが、だいたいどこでもこんな感じに言われているので、ここは便乗させていただきますw)
ところが非常に残念な事に、私はこの作品を手にした時点、そしてこのレビューを書いている時点でさえも、その初期3作品を所持しておりません。持っていたのは『DONNA PLAUTILLA』というこれまた絶妙過ぎるアルバムのみ(これについては解る方のみニヤニヤしながら馬鹿にして下さい)。つまり、ざっくりと言ってしまえば、この『CAPOLINEA』こそが私にとっての実質BANCO入門作品となってしまったのです。

ものすごく個人的な長い前振りで申し訳ありませんでしたが、結局の所、私はBANCOというバンドのイメージを全く持たない状態でこのライヴ盤に触れております。
なぜここまでしぶとく書いているかというと、このアルバムがそれはもう賛否両論で荒れまくりな1枚だからです。そして、私にとっては『永遠の名盤』と呼べるほどの愛聴盤なのです。

↓収録曲は以下の通りです。()内はオリジナル収録アルバム。↓

1.「IL RAGNO」(『COME IN UN'ULTIMA CENA』)
2.「CANTO DI PRIMAVERA」(『CANTO DI PRIMAVERA』)
3.「750,000 ANNI FA... L'AMORE」(『DARWIN!』)
4.「CAPOLINEA (PARTE 1)」
5.「CAPOLINEA (PARTE 2)」
6.「R.I.P.」(『BANCO DEL MUTUO SOCCORSO』)
7.「GAROFANO ROSSO」(『GAROFANO ROSSO』)
8.「NON MI ROMPETE」(『IO SONO NATO LIBERO』)


それまでの8枚のアルバムの内、『... DI TERRA』を除く7作品から満遍無く選出するという良心的なんだかそうじゃないんだかよく解らない選曲。書き遅れてしまいましたが1979年11月28、29日のミラノ、カポリネア・ジャズ・クラブでの公演を収録しております。

なぜこのアルバムが賛否両論の問題作なのか、それは1曲目の「IL RAGNO」を聴けばすぐに理解できます。
捉え方によっては妙に安っぽいシンセの跳ねるようなフレーズ、同じく跳ねるようなテンポの良いベース、そして妙に能天気なブラス。そう、完全にディスコ・ミュージックを取り入れたアレンジが施されているのです。
曲の全体的な仕上がりとしては確かに力強いロックになっているのですが、とにかくディスコ調。後でオリジナルの曲を聴いて驚いたのですが、本当に原曲が迷子としか言いようのないブッ飛んだアレンジで全ての曲がポップに生まれ変わっています荘厳さ?くすんだ色合い?ねーよ、そんなの!

ところがそれらのアレンジは、はっきり言って一切の無駄がなく、"ノリ"を極限まで追求した恐ろしいほどのクオリティを誇っているのです!イタリアン・プログレの至宝とも言えるFRANCESCO DI GIACOMO のヴォーカルもいつにも増してノリノリです!
「IL RAGNO」巧みな変拍子はどこまでも親しみ易く聴き手を惹き込み、「CANTO DI PRIMAVERA」ではGIACOMO おじさんのリラックスした伸びのあるヴォーカルに小刻みなコンガのリズムが見事にマッチします。
悲しげなピアノで始まる「750,000 ANNI FA... L'AMORE」では、それまでの曲でも猛烈に目立っていたGIANNI COLAIACOMOヌルヌルとした(?)ベースRODOLFO MALTESE の乱舞するギターと共に大活躍。このくぐもった音色のベースもまたちょっとした中毒症状を起こすような美しさです!

1st収録の代表曲である「R.I.P.」の変貌っぷりも異常です。オリジナルの緊張感溢れる硬派なイメージは完全に消滅。相変わらずブラスが鳴り響き、シンセもギターも「堅苦しさとか不要っスから^^」と言わんばかりに本当に楽しそうに演奏しています。これは本気で踊れる出来です!
続くインスト曲「GAROFANO ROSSO」の能天気っぷりもまた異常。実に可愛らしいシンセのフレーズがブラスと共に響くのですが、ずっしりと重みのあるベースが見事に曲のバランスを保っているのがとても印象的です。全ての曲に言える事なのですが、単に能天気に踊れるだけでなく、様々な工夫によってきちんとメリハリをつけるように配慮されている事こそがBANCOの実力を象徴するような証拠であり、私のなかでこのアルバムが超名盤である理由なのです。

実はこのアルバム、ライヴ音源そのままではなく後にスタジオでの手直しが施されているそうなのですが、それこそがこの誰にも真似の出来ない"テンションの高まり"と"安定感"の両立を可能にしているのだと思われます。
初期BANCOのファンの中には、このアルバムをボロカスに言う方がいらっしゃるようですが、それに関しては全く否定は致しません。これは、受け入れられる人間にはたまらない文句なしの作品であり、拒否反応を示す人間には何一つ魅力の無い作品となるでしょう。そんな感じの、「0点か100点か」みたいなアルバムだと思います。
しかし、このアルバムを避けてきた方々にも興味を持って頂くために、最後に一言だけ書かせて頂きましょう。

このアルバム、そこいらの作品とはちょっと格が違います!





           

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ BancoDelMutuoSoccorso バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ Banco バンコ どうしてこうなった 本気です



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
00:38  |  ・BANCO DEL MUTUO SOCCORSO  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ukprogressiverock.blog6.fc2.com/tb.php/133-a29a78fc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめ【CAPOLINEA】

BANCO1980/DISCHI RICORDI世界一見てくれの悪いヴォーカリストの寝そべる姿を惜しみ無くフィーチャーしたB
2012/11/03(土) 07:18:28 | まっとめBLOG速報

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。