2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
web拍手 by FC2

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.22 (Mon)

What's KING CRIMSON ?

まだロクに情報を収集できていませんが、簡単にKING CRIMSONについての私なりの解説などしていきたいと思います。
随時更新していく予定ですのでどうぞよろしく(゚∀゚)
スポンサーサイト

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KingCrimson キング・クリムゾン キングクリムゾン



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
23:43  |  ・KING CRIMSON★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.23 (Tue)

IN THE COURT OF THE CRIMSON KING

KING CRIMSON

1969/ISLAND


court-crimson-king.jpg


なんかジャケット見ただけで「うわぁ~・・・」なKING CRIMSONの1st。
プログレという言葉を知る人間なら誰もが知る有名作品です。

まず最初に。
「そりゃこんな物を聴かされれば惚れますってw」
と言わせて頂きます(何
30秒の静寂から、いきなり激しく響き渡る音の渦で幕を開ける「21ST CENTURY SKHIZOID MAN」
今まで耳にしたことの無いような、ジャズを思わせながらも完全にロックな音楽には衝撃を受けました。「歌えよ!」みたいなw

後に続くのは、打って変わって夢の世界に誘い込まれたかの様に穏やかな音楽の数々。
フルートやその他木管楽器の響きが美しすぎる「I TALK TO THE WIND」は初期の曲の中でもかなり好きな部類に入ります。
メロトロン鳴りっぱなしでGREG LAKE のボーカルも力強い「EPITAPH」「IN THE COURT OF THE CRIMSON KING」も好きです。
ファンの非常に多い「MOONCHILD」は私には少し難しいですw

とか何とかいいながらやっぱり好きなプログレ界の傑作!
誰であれ、人生で一度は聴いておく価値があるでしょう!
ただこの作品を神格化しちゃうのもまたお間違いかと(・ω・`)





            

↓買えば勇者、買わなくてもファンは務まります。

           

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KingCrimson キングクリムゾン キング・クリムゾン



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
03:15  |  ・KING CRIMSON★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.23 (Tue)

IN THE WAKE OF POSEIDON

KING CRIMSON

1970/ISLAND


img_237673_11283911_0.jpg


なんだか可愛いんだか不気味なんだか解らないジャケットのKING CRIMSONの2nd。
結構際どい立ち位置に置かれちゃったアルバムですねw

確かに。
うん、確かに世に言う様に宮殿の二番煎じ」と感じなくも無いです。
ジャズテイストの曲で持ち上げて、穏やかな曲で繋いで、メロトロン鳴りまくりの曲に続く、という流れはそう言われても仕方無いかとも(・ω・`)

しかし!この作品にはそんな評価を物ともしないだけの良曲が詰まっています。
まずはKEITH TIPPETT の強烈なピアノが駆け巡る「CAT FOOD」です。
これは文句無しに楽しくっていい曲です。格好良い!
そして美麗ギターと淡いボーカルの「CADENCE AND CASCADE」「PIECE」3部作がまたとっても素敵。
イケイケジャズロック「PICTURES OF A CITY」も良曲ですね。

充分に聴き所を持った、バランスの良い作品だと思います。
ただし宮殿聴いてから聴くべき作品ですよね。





            

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KingCrimson キングクリムゾン キング・クリムゾン



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
03:23  |  ・KING CRIMSON★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.23 (Tue)

LIZARD

KING CRIMSON

1970/ISLAND


King20Crimson20Lizard.jpg


中世絵画っぽさが滲み出たジャケットのKING CRIMSONの3rd。
評価が割れる問題作(ぇ

初めて聴いたときは完全に「何これ?訳わからん(・ω・`)」って感じでした。地味、とでも言いますか・・・・・・。
それなりに他のゆったり系プログレなどに触れてから聴いた所、結構綺麗で儚げな音楽性が中々に良い感じのアルバムだと感じました。

とにかく物議を醸すのが20分超の表題曲「LIZARD」です。
まず大問題な事に、出だしのボーカルがYESJON ANDERSON なんですw
これは曲のクオリティとしては最高の策だとは思うのですが、ボーカルが存在するのに置き換えとは悲しい話。FRIPP はそんなにHASKELL が嫌いだったのでしょうか・・・・・・。
まぁ、そんな事を気にしなければ、木管楽器やピアノ、メロトロンの繊細なサウンドが見事に組み合わされた綺麗な曲だとは思います。
「いらん部分」ってのもある気がしますが(・ω・`)

難しい事考えなければ、「CIRKUS」「INDOOR GAMES」なんかの素直に良い曲もあるんで駄作では無いかと。
ただ、確かにHASKELL のボーカルは大して・・・・・・(自主規制)。





            

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KingCrimson キングクリムゾン キング・クリムゾン



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
03:39  |  ・KING CRIMSON★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.23 (Tue)

ISLANDS

KING CRIMSON

1971/ISLAND


islands.jpg


なんだかあまり誰も取り上げていないような気のするKING CRIMSONの4th。
前作「LIZARD」発表後にボーカルをBOZ BURRELL に変えて作成されたそうです。長らく知りませんでした(ぇ

恐らくクリムゾンのアルバムの中で最も美しい音楽が訊ける1枚だと思っています。
個人的には初期のアルバムの中では結構好きな部類に入ります。
そういえばFRIPP のギターの主張が目立って来るのも実はひそかにこの頃からのイメージが。

繊細で透き通るような「FORMENTERA LADY」「ISLAND」、それと対を成す(多分)サックスとギターの勢いの目立った「SAILOR'S TALE」「LADIES OF THE ROAD」。全体に聴き所がしっかりあって全く飽きさせない作品です。
まぁ「PRELUDE:SONG OF THE GULLS」がロックなのかと言われれば答える事は出来ませんがw

とりあえず上記「SAILOR'S TALE」とラストを飾るタイトル曲「ISLANDS」は全力でお勧め致します。ラストは本当に美しくて感動的ですよ!





            

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KingCrimson キングクリムゾン キング・クリムゾン



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
12:58  |  ・KING CRIMSON★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.23 (Tue)

LARKS' TONGUES IN ASPIC

KING CRIMSON

1973/ISLAND


kc5.jpg


太陽とお月様なジャケットのKING CRIMSONの5th。
FRIPP 意外はみーんな新メンバーというすっごい作品。人気作です。

新しく生まれ変わったクリムゾンは、インプロヴィゼーション(即興演奏)を重視し、緊張感のある音楽を作り出す「メタル・クリムゾン」なるコンセプトに基づいた演奏を披露していきます。
FRIPP「もう俺の好きにやっていいんだよね?」みたいな(マテ

アルバムの最初は新しいコンセプトを最大限に提示する「LARKS'TONGUES IN ASPIC,PART ONE」
DAVID CROSS のヴァイオリンとFRIPP のギターの2つのリード、JAMIE MUIR不思議パーカッションなどでしっかりと惹きつけてくれます。
代表曲「THE TALKING DRUM」からの「LARKS'~PART TWO」もすごい威力です。すんごく格好良いです!

JOHN WETTON のボーカル曲も良曲です。
特に素晴らしいのが「EASY MONEY」です。ボーカルの説得力ももちろんの事、響き渡るメロトロンの音色、そして何故か不可欠だと気付かされるMUIR のパーカッションなど、このメンバーにしか生み出せないサウンドが詰め込まれています。

若干ややこしい所もありますが、良い作品です!
ただし「THE TALKING DRUM」「LARKS'~PART TWO」はダブルトリオ期の演奏の方が好きなのはナイショ。





            

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KingCrimson キングクリムゾン キング・クリムゾン



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
13:48  |  ・KING CRIMSON★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.23 (Tue)

STARLESS AND BIBLE BLACK

KING CRIMSON

1974/ISLAND


1169506011.jpg


内容の半分以上がライブ音源というなかなかアレなKING CRIMSONの6th。
前作のメンバーからMUIR が抜けたラインナップです。残念!(何

まず最大の特徴として、この時期のクリムゾンの主題とも言える(勝手に決めました。ごめんなさいw)「インプロヴィゼーション(即興演奏)重視」が露骨に表れた作品となっています。
その作風が好みに合うか否かでこのアルバムの評価は大きく変わってきますね。
「WE'LL LET YOU KNOW」みたいな取っ付き易い感じの曲もあれば、「TRIO」の様な、私のような初心者には「うーん(・ω・`)」な物もあります。
ちょっとごちゃごちゃしてて、難しいという印象が残ります。
ただこれらの曲の土台を築き上げるBRUFORDWETTON の技術は本当に素晴らしいと思います。

よってこのアルバムの聴き所は「THE GREAT DECEIVER」「LAMENT」で!w
双方ある程度プログレを聴いている人であれば凄く馴染み易いはずです。ノリが良いんです。
評価の高い「FRACTURE」ですが、少々間延び感がある気がするのでベストに収録されている短縮版をお勧めします(ぇ





            

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KingCrimson キングクリムゾン キング・クリムゾン



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
13:58  |  ・KING CRIMSON★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.23 (Tue)

RED

KING CRIMSON

1974/ISLAND


King20Crimson20-20Red.jpg


なーんか怪しいジャケットのKING CRIMSONの7th。
最高傑作との声も多い名盤です。

まず大変な事に、CROSS がいなくなってしまいました(脱退というか解雇というか・・・・・・)。まぁ、ゲスト的な感じで参加はしていますが。
要するに、FRIPP はこの作品に於いてはギターをリードとして置く事が適切だと考えたのでしょう。確かに、このアルバムでは「メタル・クリムゾン」のコンセプトの最終完成形が示されている気がします。
また、ゲストとして旧メンバー等も数名参加。管楽器の存在感あるサウンドで曲に花(?)を添えています。

へヴィなタイトル曲「RED」「ONE MORE RED NIGHTMARE」CROSS が意地を見せる難解インプロヴィゼーション「PROVIDENCE」、そして儚なさと激しさの双方を描き出す人気曲「STARLESS」と良曲揃いですが、それを押しのけてしまう程の素晴らしさを見せるのが「FALLEN ANGEL」です!
壮大なメロディー、切なくも力強いWETTON のボーカル、そこから飛び出るようなコルネットの響き、全てが完璧な音楽を構築しています!
これは完全に泣かせる気で作ってます!

このアルバムを発表後に一時解散となってしまう。そんな緊張感を持ったメンバー達が作り出すサウンドを一度お聴きあれ(何





            

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KingCrimson キングクリムゾン キング・クリムゾン



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
14:11  |  ・KING CRIMSON★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.23 (Tue)

DISCIPLINE

KING CRIMSON

1981/EG


thumb.jpg


1980年に再結成した新生KING CRIMSONがお贈りする8th。
これまた物議を醸す問題作ですが、私にとっては文句無しのクリムゾン史上最高傑作です!

かの名作「RED」で一時的に幕を閉じ、5年以上の歳月をかけて帰ってきたのはもはや別バンド
2人のアメリカ人を擁し、デビュー期のジャズ系のサウンドでも「RED」の頃のインプロ重視のサウンドでも無い音楽を披露してくれるんです。
エスニックミュージック、複雑なポリリズムと変拍子などをフロントに置いた曲の数々は多くの従来のファンを失望させたとか・・・・・・。

しかし!今聴けば必ず解る!
ついにその技術を派手に&惜しみなく発揮するFRIPP
インパクトのあるボーカルと変体ギターテク&おふざけのBEREW
変形ベース「スティック」を使いこなす紳士LEVIN !
「俺、実はこんなんやりたかったんよ」と言わんばかりのBRUFORD
この4人のサウンドが組み合わさって出来る、今までに聴いたことの無い音楽!プログレというジャンルが新しい道を見出して進んでいく様が映し出されています!
もう曲とか全部良いです。「ELEPHANT TALK」「FRAME BY FRAME」「DISCIPLINE」・・・・・・、うん、全部w
ライブバージョンを聴かなければハマり込めない曲もあります。確かに(・ω・`)

「RED」からの変化に戸惑いとかはあるかも知れませんが、それでこのバンドを認めないとか言うのはお粗末な話。プログレ新時代ですよ。
これは本気でおすすめの1枚です!とりあえずお聴きを!





            

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KingCrimson キングクリムゾン キング・クリムゾン



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
14:18  |  ・KING CRIMSON★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.23 (Tue)

BEAT

KING CRIMSON

1982/EG


115026026367768.jpg


ジャケットがなんとも地味なKING CRIMSONの9th。
史上初めて前作と同じメンバーで製作されたとか。どんなバンドやw

基本コンセプトは前作「DISCIPLINE」と同じままです。
しかし今作では若干の、というかそこそこのポップさを含んだ音楽が多くなってきています。その辺りで少し緩んだ感じになってしまっている気もしますが、それでも様々な変態的サウンド作りは健在。
というか、アルバム後半はマジでごたごたしてきますw

2本のギターのサウンドが楽しい「NEAL AND JACK AND ME」、珍しくゆったりポップな「HEARTBEAT」などの(何回か聴いて気に入る)名作に加え、イントロの時点でテンション上がり過ぎて困る「NEUROTICA」、そして私がこのアルバムで最も好きな、エレキパーカッションの浮遊感のあるサウンドを最大限に生かした「WAITING MAN」など聴き所は満載。
しっかし「THE HOWLER」の混沌具合には最初はかなり戸惑いましたw

ゆったりしながらも聴き所が充分にある、という点では新生クリムゾン入門に良い気もしますね。いや、「DISCIPLINE」かw





            

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KingCrimson キングクリムゾン キング・クリムゾン



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
14:24  |  ・KING CRIMSON★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。