2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
web拍手 by FC2

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.07.28 (Wed)

NO ALTERNATIVE

JONESY

1972/DAWN


Jonesy 1


B級プログレ界ではそこそこ名が知れているらしいJONESYの1st。
でもやっぱり探さないと見つからない作品ですよね(・ω・`)

知る人は皆口を揃えて言います。


「メロトロンに対する暴力だ」


と。
いや、皆が言うわけではありませんが、少なくともこう言って賛同する人はかなり多いはずです。
何故このような言葉が用いられるのか。それは1曲目のタイトル曲「NO ALTERNATIVE」に凝縮されています。

このアルバムを手にした時はまだロクにメロトロンの音色も理解していなかったので(今でも自信持てませんが)「妙にドタバタした感じの曲だなー」程度にしか感じていなかったのですが、しっかり聴いてみれば驚愕!ギターと一緒に中々に凶暴なメインフレーズを演奏してるんです!w
いや、メロトロンですってば、奥さん。
「IN THE COURT OF THE CRIMSON KING」などで叙情性溢れるロングトーンを披露するあの楽器ですよ?
それがまるでキーボードの如く酷使されているのです。これは一聴の価値ありです!ってか笑いますw

曲自体は上記の通り、どこかドタバタした感じのドラムなどが際立つものなどが多いです。
もちろん随所でメロトロンが聴き放題。本当に、ここまでメロトロンが気になるアルバムもそんなに無いのでは?
タイトル曲以外にも「1958」などで存在を猛烈アピール。こちらではリズム的な役割を果たしているので思いっきり前には出てきませんが、音量も大きい目ですし、そもそも「メロトロンがリズムセクション」っていう事そのものがツッコミ所満載なのでやっぱり面白いです。
その他に、一気に静まり返って儚く悲しい戦争の世界(多分)を表現する「HEAVEN」も大事な曲です。
こちらは完全にメロトロンが裏方に回っています。恐ろしく静かな中に響く歌声もまた良し。途中で2箇所ほど挟まるファミコンサウンドのような銃声もまた良し。

世間的には初期クリムゾン・フォロワーと分類され、「なんか雑」という簡潔な感想で絶妙な立位置に置かれている本作ですが、私に言わせてみればあれですかね、

まさにその通り

って感じでしょうかw
あんまりクリムゾン・フォロワー的な要素は見えない気がしますが、確かに掴み所が思いの外少なくて、「ここ!」といった聴き所の少なさがある気はします。
ちなみに「POLLUTION」はマジでいらん子。なーんにも面白くない。
でもやっぱり最初から最後までメロトロンレイプが延々と続く様は面白いので、聴いて損という感じでは無いと思います。
とりあえずタイトル曲聴いて笑いましょう!w





           
スポンサーサイト

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ Jonesy ジョーンジー ジョーンズィー メロトロン 暴力



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
01:30  |  ・JONESY  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2012.02.10 (Fri)

JONI MITCHELL(SONG TO A SEAGULL)

JONI MITCHELL

1968/REPRISE


176254_1_f.jpg


これは、すごい。言ってしまえばその一言に尽きるのかも知れません。
カナダが誇るSSW、JONI MITCHELLのデビュー作です。

正直言ってこの人の事はほとんど知りませんでした。あえて言うなれば2ndアルバム『CLOUDS』のジャケットに見覚えがあったかしら・・・・・・?という程度です。

61PVQSn781L__SL500_AA300_.jpg

ごく最近の事なのに、なぜこのアルバムを手に取ったのか、その理由もイマイチ思い出せません。恐らくは「有名らしいから聴いてみよう。」といった程度の軽い気持ちだったのでしょう。
今になって色々な情報を仕入れてみれば、この1stアルバムは後の『BLUE』といった傑作アルバムの陰に隠れてしまっている、そんな感じですね。
私にとってはそのような先入観を持たずに聴けたというのが大きなポイントであったかと感じます。

再生をすれば流れ出すのは、おおよそ想像通りのアコギが響くフォーク・ソング。そしてほんの少し低いめの芯のある歌声
そう、およそ想像通りの音楽のはずなのです。しかし、このオープニング曲「I HAD A KING」は何故か、何故か恐ろしい程の引力を持って響いてくるのです。それは一種の悲壮感であったり、そこから見える希望の美しさであったり、優しさであったりします。
MITCHELL の歌声は曲により一層の説得力を持たせ、低音は力強く、高音は涙を誘うように儚く響きます
大雑把なイメージとしては、個人的にNICK DRAKEくすんだ色合いとも繋がる部分があるとは思うのですが、やはり女性特有の華やかさも持ち合わせており、安易な表現ではありますが、まさにアルバム・ジャケットそのままのような音楽が味わえるのです。
決してキラキラと光るような色合いでは無いのですが、多くの色と細かい装飾によって美しい世界が構築される。そんな感じです。

純粋な(?)ギター1本のフォークだけでなく、ピアノと共にベースも参加した軽快な「NIGHT IN THE CITY」なども印象的です。この明るいイメージはやはりNICK DRAKE と通じる部分があるようにも思えますね。
しかし、MITCHELL の本領が発揮されるのはやはり最初の「I HAD A KING」のような、心の隅に引っかかる苦しさのようなものと希望的な響きが混在する曲であると思います。その路線としては「NATHAN LA FRANEER」なども素晴らしい仕上がりであり、途中にほんの少しだけ挿まれるエレキギター(ですか?)のノイズのような響きに首を絞められるような感覚がなお斬新で素晴らしく感じます。
個人的な好みとしては他に、謎のテンポの中で早口に海賊と踊り子の会話を描く「THE PIRATE OF PENANCE」、そしてエンディングを飾る、決意に満ちたような力強さと流麗さを持った「CACTUS TREE」などが挙げられます。
例えようの無い不安に近い感情や悲しさを感じさせながらも、結果として何か揺るぎ無い自信を持ったような曲で締め括られるというスタイルは、MITCHELL 自身のそれまでの人生を表現するというこのアルバムのコンセプトとして、非常に美しい輝きを見せてくれます。

非常に観念的で曖昧なレビューとなってしまいましたが、このアルバムが持つ引力の一部だけでも感じ取ってくださる方がいれば幸いに思います。
私もこれから他のアルバムをしっかりと聴いていく事にしましょう。





            

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ フォーク JoniMitchell ジョニ・ミッチェル カナダ 伝説 ふざける気も起きない



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
18:41  |  ・JONI MITCHELL  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。