2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
web拍手 by FC2

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.31 (Wed)

THE BEATLES

THE BEATLES

1968/PARLOPHONE


white20album.jpg


ん?「THE BEATLES」?ん?なジャケットのTHE BEATLESの9th。
「WHITE ALBUM」と呼ばれるアルバムですね。

何せ以前からBEATLESはあんまり好きではありませんでした。
プログレ好きという観点からすれば「ポップは敵」みたいな感じがして(私だけ?w)、そのポップの権化である彼らの作品はどーせ好みに合わないんだろうと決め付けていました。
しかしプログレのディスクガイドで「時代的な重要作である」と書かれていた事から、「とりあえず聴いてみるか・・・」という事に。

これは侮っていました。私が完全に悪かったです!
確かにこの2枚組30曲のアルバムには整合性がありません。なんかもうバンド内の状況もえらい事になってたそうで、メンバーそれぞれのソロ曲のような物が詰め込まれています。んで作風もバラバラ。
しかし、それが完全に良い方向に転がっているのです。
少なくとも、私の嫌いなぬるま湯の様なポップ(?)は存在しません。

1枚目はいきなりエネルギッシュで最高な「BACK IN THE U.S.S.R.」で始まり、お馴染み「OB-LA-DI,OB-LA-DA」、移り変わりの楽しい「HAPPINESS IS A WARM GUN」など比較的親しみやすい曲ばかりです。
2枚目はもうごちゃごちゃw
「デデレデデレーデデッ」な「BIRTHDAY」からへヴィーな名曲「HELTER SKELTER」、愛すべき古臭さの「HONEY PIE」、そして問題の「REVOLUTION 9」
JOHN「REVOLUTION 9」なんて品を作らなければ、後のプログレ界はもっとすっきりした筈なんですw

確かにこれは偉大なる作品なのでしょう。やはりポップなので少し気の引ける部分もあったりしますが、充分な1枚です。是非!





           
スポンサーサイト

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ ポップ TheBeatles Beatles ザ・ビートルズ ビートルズ



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
14:51  |  ・THE BEATLES  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.07.08 (Thu)

PLEASE PLEASE ME

THE BEATLES

1963/PARLOPHONE


please_please_me.jpg


ジャケットは見た事がある、でもこれが何作目なのかは知らない、みたいな感じのアルバムですね。実はTHE BEATLESの記念すべき1stです。
ベスト盤の赤バージョンのジャケットで見覚えがあったのかしら?

はい。デビュー作です。BEATLESの。
シングルが想像以上に売れたんで大急ぎで製作されたとかいう作品で、レコーディングがほぼ一発録りだのJHONは風邪引いてるだのという恐ろしい条件で製作されたそうです。
あんまりにも先を急ぎすぎて、約半数の曲がカヴァーです。
必死かw

レビューを書いておきながら、実はこれ、プログレ→「WHITE ALBUM」→BEATLESという経路を踏んでいなければ恐らく聴く気も起こらなかったであろう作品です。
だってポップですから。どこまでも。
本当にどこまでもポップです。ゆる~いです。ぬるま湯です(ぇ
しかし何故か聴いてしまうのです。
PAUL のカウントから始まって聴く者全てを自らの世界に引き込む「I SAW HER STANDING THERE」、何故か知っている、何故か懐かしくなる「PLEASE PLEASE ME」など名曲はしっかり入ってます。
「LOVE ME DO」も、いかにも初期BEATLESって感じで楽しいですね。

もう一度書きますが、ぬるくてゆるいです。
1曲の長さはびっくりする位に短くって、後に見せる作品に比べればどこか物足りない感じは否めません。
あと、明らかにアメリカンな空気が漂うカヴァーは頂けない(・ω・`)
でもやっぱりビートルズ補正(?)のかかったサウンドは心地良いワケで、それを味わうことこそが本来の目的なのです。

伝説の始まり、って事で大きな意義のある1枚。
そーんなにいい作品かと訊かれれば疑問ですが、やっぱり楽しいのでOK!

テーマ : 洋楽CDレビュー ジャンル : 音楽

タグ : ポップ TheBeatles Beatles ザ・ビートルズ ビートルズ



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
01:59  |  ・THE BEATLES  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。