2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
web拍手 by FC2

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.07.28 (Wed)

NO ALTERNATIVE

JONESY

1972/DAWN


Jonesy 1


B級プログレ界ではそこそこ名が知れているらしいJONESYの1st。
でもやっぱり探さないと見つからない作品ですよね(・ω・`)

知る人は皆口を揃えて言います。


「メロトロンに対する暴力だ」


と。
いや、皆が言うわけではありませんが、少なくともこう言って賛同する人はかなり多いはずです。
何故このような言葉が用いられるのか。それは1曲目のタイトル曲「NO ALTERNATIVE」に凝縮されています。

このアルバムを手にした時はまだロクにメロトロンの音色も理解していなかったので(今でも自信持てませんが)「妙にドタバタした感じの曲だなー」程度にしか感じていなかったのですが、しっかり聴いてみれば驚愕!ギターと一緒に中々に凶暴なメインフレーズを演奏してるんです!w
いや、メロトロンですってば、奥さん。
「IN THE COURT OF THE CRIMSON KING」などで叙情性溢れるロングトーンを披露するあの楽器ですよ?
それがまるでキーボードの如く酷使されているのです。これは一聴の価値ありです!ってか笑いますw

曲自体は上記の通り、どこかドタバタした感じのドラムなどが際立つものなどが多いです。
もちろん随所でメロトロンが聴き放題。本当に、ここまでメロトロンが気になるアルバムもそんなに無いのでは?
タイトル曲以外にも「1958」などで存在を猛烈アピール。こちらではリズム的な役割を果たしているので思いっきり前には出てきませんが、音量も大きい目ですし、そもそも「メロトロンがリズムセクション」っていう事そのものがツッコミ所満載なのでやっぱり面白いです。
その他に、一気に静まり返って儚く悲しい戦争の世界(多分)を表現する「HEAVEN」も大事な曲です。
こちらは完全にメロトロンが裏方に回っています。恐ろしく静かな中に響く歌声もまた良し。途中で2箇所ほど挟まるファミコンサウンドのような銃声もまた良し。

世間的には初期クリムゾン・フォロワーと分類され、「なんか雑」という簡潔な感想で絶妙な立位置に置かれている本作ですが、私に言わせてみればあれですかね、

まさにその通り

って感じでしょうかw
あんまりクリムゾン・フォロワー的な要素は見えない気がしますが、確かに掴み所が思いの外少なくて、「ここ!」といった聴き所の少なさがある気はします。
ちなみに「POLLUTION」はマジでいらん子。なーんにも面白くない。
でもやっぱり最初から最後までメロトロンレイプが延々と続く様は面白いので、聴いて損という感じでは無いと思います。
とりあえずタイトル曲聴いて笑いましょう!w





           
スポンサーサイト

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ Jonesy ジョーンジー ジョーンズィー メロトロン 暴力



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
01:30  |  ・JONESY  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。