2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
web拍手 by FC2

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2011.09.27 (Tue)

KANSAS

KANSAS

1974/KIRSHNER


61sGipEXePL__SL600_.jpg


ここに来てKANSAS。遂に真っ当なアメ公のレビューとなりますよ。
こちらは1stアルバム。1974年ってのは個人的にビックリです。もっと遅いかと思ってました。

もう既に何度か申し上げてますが、やっぱり私はアメ公のロックが嫌いです。「何が」とかそういうのを通り越して、とにかく面白く感じられないのです。いや、あくまでも個人的に、ですのでお間違いの無いように。
それでもやっぱりKANSASですもの。もはやアメリカン・プログレの代名詞っぽくなってしまっている(のかしら?)バンドですので、さすがにスルーするのは如何なものか、って事で、この1stからの5枚セットでお安いエディションがあったので購入させて頂きました。

まぁ、何と言うか、もう衝撃です。
再生するや否や、オープニング・トラックの「CAN I TELL YOU」でいきなり大音量で飛び出すヴァイオリン容赦無く弾きまくる。ちょうどCURVED AIREDDIE JOBSON のヴァイオリンに衝撃を受けたのに近いものがあると思います。「俺が主役だ。」と言わんばかりに鳴り響くなんかちょっと雑っぽいフレーズ、そしてそれをバンド全体の勢いでカヴァー。基本的にコーラス体制となるヴォーカルがまた説得力を増してますね。リードの人は(リードは2人いるらしいのですが)ハード系の伸びのあるタイプの声なので、とてもキャッチーで聴き易いです。そんでまたちょっと裏方っぽいけれども、ハモンドが結構やりたい放題で良いんですよね!
つまるところ、あらゆる要素が無駄なく突っ走るのです。このオープニングは聴き手の心を掴むには充分過ぎる名曲です!

続く「BRINGING IT BACK」は、なんともアメリカっぽいロックンロール的リズムでグイグイ進む曲(カヴァー曲らしいですね。存じ上げませんでした。斬新な解釈ですよ!→J.J. CALE「BRINGING IT BACK」)。これだけなら私にはマイナス要素なのですが、最初のハモンドとピアノの軽快なユニゾン(?)に始まり、相変わらず暴力的に弾きまくるヴァイオリンによって隅々まで装飾が施され、抑揚、情緒が存分に味わえる曲になっています。
いや、2曲目の時点で痛感します。このバンド、多芸過ぎます。
ピアノをバックにしっとりと歌い上げるバラード「LONELY WIND」も充分な秀曲。徐々にドラム、ヴァイオリン、ハモンド、ギター、ベースが増えていき、サビでコーラスと共に頂点に達する、という王道的感動ルートをバッチリ押さえてしっかり形にしてしまう辺りは圧巻です。

なんかもうどこまでもアメ公的なリズム、あるいは特にベース・ライン辺りに平坦な印象を受けることが多いのですが、あらゆる曲に於いてその上に乗せられる装飾が美しすぎて、納得せざるを得ない仕上がりとなっているのです。前述の通りのハモンド&ピアノのツイン・キーボード体制とヴァイオリンの影響が圧倒的に強いですね。
ハード的要素を多分に含みながらも、やっぱり暴れちゃうプログレ精神が前面に押し出された「JOURNEY FROM MARIABRONN」ではシンセまで大活躍。なんかマヌケで愛らしいイントロからヴァイオリンが飛翔し、それをギターとベースが凶悪に重いフレーズで支える。そして序盤のキワモノっぽさが嘘のようにキャッチーで格好良いヴォーカルが入ります。
正直言ってごちゃ混ぜ。なのにあらゆる要素が的確に威力を持って訴えかけて来るのです!中盤のベースとヴァイオリンの盛り上がり、続くハモンドをバックにしたシンセのソロ、そして冒頭に回帰した後に響くクライマックスの叫び!ああ、なんだこれ、無敵ではありませんか!

まぁ、その続きに急にリラックスした「THE PILGRIMAGE」なんて曲を入れちゃうのはいかがな物かとは思いますが・・・・・・。
ラストは10分近い大曲「APERCU」。これは・・・・・・、長い必要は無かったかなぁ?w
比較的シンフォニックに纏め上げてるのですが、ちょっと曲展開を多彩にしようとし過ぎた感じはあります。でも、中盤の武装したポルカみたいな(意味不明)愚直なリズムの上でヴァイオリンが踊るパートはやっぱり素敵です。まぁ、曲全体としても平均点は軽く超えちゃってる気はするのですが、それまでの無敵の演奏から考えたらちょっと劣りますかね。

確かにアメリカっぽくて疑問符を浮かべてしまいそうな部分はあります。しかし、それをあらゆる装飾、圧倒的パワーで思いっきり強引に纏め上げてしまう技術は素晴らしいと思います。少なくとも、ブリティッシュ至上主義だった私には充分過ぎる威力を持ったアルバムです。
この作品をKANSASのベストに挙げる方って少ない気がするのですが、本作を聴いただけの私としては、コレを超えるアルバムなんて創れるのかしら・・・・・・?と不安になってしまいます。
それぐらい全体的に見て素晴らしいアルバムである事は保証致します。まぁ、他のアルバムもじっくり聴いてみることにしましょう。





           

          
スポンサーサイト

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ KANSAS カンサス アメ公 無双 アメ公のくせに やるじゃない<ニコッ



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
19:32  |  ・KANSAS  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。