2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
web拍手 by FC2

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.25 (Thu)

DAYS OF FUTURE PASSED

THE MOODY BLUES

1967/DECCA


Days_of_Future_Passed-1a.jpg


CARAVAN「IN THE LAND OF GREY AND PINK」と同じく「クリムゾン=プログレ」の方程式を信じ込んで買った挙句、全く違った作風に少し落ち込んだ1枚(ぇ
聴き直してみればやっぱり素晴らしいTHE MOODY BLUESの代表作です。

「クラシックとロックの融合!(?)」みたいな感じの情報を仕入れていたのですが、いざ蓋を開けてみれば「完全に分離しとるやん(・ω・`)」みたいな可愛い作品ですw
確かに古臭くてダサいと感じても全くおかしくはないのですが、その盛大にダサ目の音楽を(特に「THE MORNING: ANOTHER MORNING」w)むしろ美しく聴かせてくれる技術には驚きです。すんなりと聴けてしまうんです。
んで、多くの曲で大活躍するフルートがまた綺麗なんです。

曲別には、ベースの格好良さが印象的な「LUNCH BREAK:PEAK HOUR」や怪しげなインドっぽい音楽→コーラスがマジで素敵な後半と続く「EVENING」、そして代表曲(らしい)「THE NIGHT:NIGHTS IN WHITE SATIN」などお勧め曲がたっぷりです。

KING CRIMSONYES的なプログレは気持ち悪いから嫌い!」みたいな方でも好きになれる1枚な気がします。
クラシック好きさんには是非試してもらいたいですね。





           

          
スポンサーサイト

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ TheMoodyBlues MoodyBlues ムーディーブルース ムーディー・ブルース



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
11:31  |  ・THE MOODY BLUES★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.03.25 (Thu)

EVERY GOOD BOY DESERVES FAVOUR

THE MOODY BLUES

1971/THRESHOLD


1zwjdps.jpg


なんてったって可愛らしいジャケットが印象的なTHE MOODY BLUESの6th。
前回紹介した「DAYS OF~」「クラシックとロックの融合と見せかけて分離」であったのに対して(マテ)、知らない間に見事に&良い具合に融合しています。

まぁクラシックという表現は不適切かも知れませんが、とにかく随所で響き渡るピアノ、フルート、チェロなどの音色が音楽に彩りと奥深さを加えてくれています。
とにかく「DAYS OF~」とは比較にならないくらいに音が分厚くなっています。ベースが結構強めになっているのかな?っていう感じもします。

内容としてはやはり落ち着きのあるクラシカルな曲が多めです。ストリングスを使ってたりメロトロンを使ってたりと聴き込んで楽しい要素も満載。
でも、アップテンポの曲の完成度も最高な所がさすがの仕事です。
お勧めはベースの威力、サビのコーラスの盛り上がり様、途中で入るピアノのスピード感など完璧な格好良さを誇る「THE STORY IN YOUR EYES」です。この曲は何度聴いても惚れ惚れします!

「DAYS OF~」の取っ付き難さでもあった古臭さ(ぇ)は今作ではかなり薄くなっているし、プログレ感はありながらもそこまで濃くないのでプログレ入門にも結構適しているかも知れません。
これが気に入れば一歩踏み込んでYESとかに派生していくと良い気もします(私のイメージですが)。





           

          

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ TheMoodyBlues MoodyBlues ムーディーブルース ムーディー・ブルース



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
16:25  |  ・THE MOODY BLUES★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2011.05.03 (Tue)

IN SEARCH OF THE LOST CHORD

THE MOODY BLUES

1968/DECCA


The_Moody_Blues_-_In_Search_of_the_Lost_Chord.jpg


なんか怖いジャケットでリスナーを遠ざけている気がするTHE MOODY BLUESの実質2ndです。
あんまり内容とジャケが噛み合ってないと思うのですが、歌詞を気にしてないせいですかね?

前作で「オーケストラによるクラシックとロックの融合と見せかけて分離」を見事に成し遂げたTHE MOODY BLUESですが、まぁ分離しちゃってたんだからオケ無しでもいけるだろう(と、言ったかどうかは定かではありませんが)という方針で、バンドのみによってこのアルバムを作成します。
プログレッシヴ・ロックの時代の幕開けに一役買ったバンドの1つであるこのバンド、ご存知も多いでしょうが一応書かせて頂きますと、いわゆる5大バンドやらと並列して期待するとほぼ確実にコケます
あくまでも60~70年代英国ロックの美しさを味わえるバンドとして認知すべきであり、特に初期のアルバムではTHE BEATLES辺りの愛すべきポップ・センスが光るものが多いんですね。

んで、これから他のアルバムのレビューでも使おうかと思っている言葉なのですが、MOODY BLUESの最大の武器は上記の通りの「職人芸的ポップ・センス」です。どこまでも優しい、どこまでも古臭い、心安らぐ音楽をどんな時代でも提供してくれるのです。
でも、それがただ単に甘ったるくてヌルいポップに陥らずにプログレとしても語られる理由は、ポップさを最大限に活かしながらも的確にそれをロックとして形にする素晴らしい技量にあります。

その技法の生み出す素晴らしい曲の1つが冒頭の「RIDE MY SEE-SAW」です。
走り抜けるようなリズムに壮大な世界観を与えるメロトロン、そして明るく響くコーラス。確実にエネルギーに溢れながらも決してトゲのある音楽ではなく、格好良さが滲み出てきます。どう考えてもこのバンドにしか作れない美しいロックがここにありますよ!
でもちょっぴり前作の二番煎じみたいなスタイルの曲も飛び出しますね。「DR.LIVINGSTONE, I PRESUME」なんてモロですよw

昔感じたイメージの通り、今でもちょいちょいTHE BEATLESを思い起こさせる部分があるのですが(「THE BEST WAY TO TRAVEL」とかかなりそれっぽいです)、どちらかと言えばMOODY BLUESの方がバラード的ゆったりロックの多いアダルトな曲風で、ざっくり言ってしまえば古臭くてもっさいです(ぇ
「LEGEND OF A MIND」「VISIONS OF PARADISE」で時折聴け、そしてラストの「OM」では全体を支配するフルートやメロトロン、シタールなどによる(意図的かどうかは知りませんが)ちょっぴり東洋的なフレーズもまた独特で面白いですね。

根っからのガチプログレッシャーの方々には間違ってもお勧めできないTHE MOODY BLUESですが、英国ロックを知る上ではプログレに興味があろうが無かろうが避けられないバンドです。
時代が進むにつれて徐々にロック性を増していくのですが、根底にあるポップ・センスには一切の揺らぎが無いので、順を追って聴き進めていくとかなり楽しいはずです。今すぐとは言いませんが、いずれは聴く事をお勧めします!



あ、ちなみに全編もれなく味付け程度にメロトロン使いまくりです。微妙な情報ですがw



おまけ

「DR.LIVINGSTONE, I PRESUME」当て振りライヴ
不覚にも笑ってしまったw
THOMASさんの可愛らしさと、HAYWARDの当て振りのヘタクソっぷりが素晴らしいw





            

          

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ TheMoodyBlues ザ・ムーディー・ブルース ムーディー・ブルース ポップ 職人 もっさり



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
18:45  |  ・THE MOODY BLUES★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。