2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
web拍手 by FC2

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
web拍手 by FC2

2010.04.02 (Fri)

FIRST UTTERANCE

COMUS

1971/DAWN


9.jpg


明らかにヤバそうなイラストが印象的なCOMUSの1st。知る人ぞ知る名盤、みたいな感じですかね。ディスクガイドで見つけました。
ジャンル分けするならば「アシッド・フォーク・ロック」とかに分類されるそうです。

一番最初に断っておきますが、この作品の音楽というものを正確に言葉で表現することはほぼ不可能です

一応はフォークな訳ですからアコースティック・ギターやらウッド・ベースやらヴァイオリンやらを用いているのですが、これもはやは単なるフォークではなくなっています。フォークですら無い気も
流れてくる全ての音が異次元の物の様で、ある時は呪いの音楽の様に、ある時は情熱的に、ある時は儚げに、一つ一つの曲を作り上げて行くのです。
そしてその不思議な世界を作るもう一つの重大な要素が男女2人のヴォーカルです。男性は口にパッサパサのフランスパンでも含んだような不思議なガラガラ声。女声は心ここにあらず、みたいなフワフワとした危険な声。この2人の歌声がさらに音楽の迷宮を深く深く構成しているのです。

初めて聴いたときには「馬鹿みたい!」と言いながら面白がっていたのですが、今となっては完全に真剣になって聴き入れる愛聴盤となっています。
最初のインパクトの強さで言えば「DIANA」「SONG TO COMUS」。そして真剣に聴き入るようになってどんどん魅力を感じるようになってきたのが「DRIP DRIP」です。
「DRIP DRIP」の奥深くにある力強さが大好きで、何度でも聴きたくなってしまいます!

CD化の際のボーナストラックに、独特の良さが失われちゃった感じの印象の薄い曲があったりしますが、そんな事を考える必要も無く歴史に残る名盤です!
これを好きになる人も少ない気がしますが、「こんな音楽がこの世に存在するんだ」という事実を知るためにも、是非とも全人類に一度は聴いて貰いたい1枚です!





           

          
スポンサーサイト

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ アシッド・フォーク フォーク・ロック Comus コウマス コーマス



←ランキング、始めてみました。クリック宜しくです(´・ω・`)
02:46  |  ・COMUS★  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。